アクセス制御 ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2008/031234567891011121314151617181920212223242526272829302008/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23日昼に速報で取り上げましたが
もう一度改めて取り上げます。

JASRACに立ち入り検査、
音楽著作権新規参入を阻害


テレビで放送される音楽の使用料をめぐり、
社団法人・日本音楽著作権協会
(JASRAC、東京都渋谷区)が
放送局との間で同業者の参入を
阻害するような契約を結んでいたとして、
公正取引委員会は23日、
独占禁止法違反(私的独占)の
疑いでJASRACを立ち入り検査した。

音楽の著作権管理は
2001年10月の
著作権管理事業法施行で
新規参入が可能になったが、
JASRACは著作権数で圧倒、
依然として業界で支配的な
地位を占めている。

業界関係者によると、
JASRACは
NHKや民放各局との間で、
著作権を管理しているすべての曲の
放送や放送用の録音を一括して認める
「包括契約」を締結。
使用料を実際に使用した回数にかかわらず、
各放送局の前年度分の放送事業収入に
1・5%を乗じた額と定めている。
06年度は各放送局から
計約260億円を集めた。

新規参入が認められた01年以降、
10法人が文化庁に音楽の
著作権管理業者として登録した。
しかしJASRACが管理する曲数が
圧倒的に多いため、
放送局が他の業者と
包括契約を結ぶ利点は
ほとんどない。

使った曲ごとに対価を支払う
「曲別契約」という契約形態もあるが、
すべての曲を把握する
コストや労力がかかるため、
ほとんど採用されていないという。

現行の契約形態では、
放送局がJASRAC以外の
事業者の音楽を使用すれば
さらに費用がかかるため、
公取委はJASRACに
著作権の管理を委託する
傾向がますます強まって、
競争が阻害される恐れがあると
指摘している。

音楽の著作権管理は1939年施行の
「著作権に関する仲介業務法」で
文化庁長官が許可した1団体のみに
認められてきた。このため、
JASRACは01年に
著作権管理事業法施行で
新規参入が認められるまでの
62年間、楽曲の
著作権管理を独占してきた。

今月現在、
JASRACに著作権の管理を
委託する作詞・作曲家は
約1万4500人で、
06年度の徴収額は
約1110億9832万円、
分配額は
約1106億5998万円に上った。

歴代会長には
星野哲郎氏らが名を連ね、
現在は船村徹氏、
理事に荒木とよひさ、
川口真両氏らが就任している。

(23日付け読売新聞記事より)


未だに独占的且つ排他的な
著作権事業を今日まで続けていたとは
正直、驚きに値します。

Waste of Pops 80s-90sの管理人様の
04/24のコラムに於いてこう言ってます。

今JASRACがあちこちで
やっていることっていうのは、
「圧倒的なシェア」以上の、
ほぼ完全な独占状態でないとできないわけで。
「こういうやりかたが
常識であり絶対であり唯一である」
ことに
しておかないといろいろとマズいので。
「業界」に多少でも競争の概念が
生じた時点で途端にヤバくなるから、
そういう意味でこんだけ必死なんだと思う。
しかし
非営利団体つうか社団法人が
「私的独占」しようっていうのは
やっぱ、どう考えても
健康的じゃないよな。


(Waste of Pops 80s-90s
  24日付けコラムより)


著作権業務を一社がほぼ独占している状況は
感覚的に間違っているとしか言えません。
それを今日まで目を瞑り黙殺していた
監督の文化庁も厳しく責任を問われるのは
言うまでも無いと言えます。

開かれた市場を作らず
閉じたままの市場を続ける事は
利権と私利私欲の温床を生み
健全な市場全体をを育成出来ない。

古い体質その物を
引きずったままの価値観では、
もはや生き残れないとしか言えません
市場育成の障壁と為ったままの状態では
時代に取り残されてしまうのは
誰の目にも見ても明らかです。

JASRACの関係者の方々には
この状況を見つめ直し何をするべきか?
この事件を期に猛反省しつつ
現実を真摯に受け止め改善の
為の努力を早急に実行
するべきだと私は思います・・・・・。

参考リンク
JASRAC公式

BLOG関連記事
2008・04・23付け記事

【PR】
スポンサーサイト
大変です!w

あのJASRACことカスラック
独占禁止法違反の疑い
査察が入った模様です!

viploader627126_320.jpg


( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)!?

詳細は追ってお知らせ致します!

まずは・・・・・

反目して待て!続報!w

#23日PM12:45付け追記#

GIGAZINEでも
早速、速報で報道しています。
こちら

#23日PM13:15付け追記#

早速、第一報です。

公取委、ジャスラックに立ち入り検査

音楽などの著作権料を管理している
社団法人の日本音楽著作権協会
「ジャスラック」が、
他社の参入を困難にしたとして、
公正取引委員会は、
独占禁止法違反の疑いで
日本音楽著作権協会
「ジャスラック」の
立ち入り検査を行っています。

独占禁止法違反の
疑いがもたれているのは、
東京・渋谷区にある社団法人、
日本著作権協会「ジャスラック」です。

viploader627127_320.jpg


関係者によりますと、
「ジャスラック」は、
音楽の著作権をもつ作詞者や
作曲者などから委託をうけて、
音楽の利用者から利用料の
徴収したり権利者への分配などを
行っていますが、
法律改正によって
新規参入が認められた
にもかかわらず、
それを困難にしたということです。

公正取引委員会は
こうした行為が
独占禁止法違反にあたると判断、
ジャスラックの本部に
立ち入り検査を行っています。

(23日付けTBS・Newsi速報より)


まずは早急に結論から申しましょう・・・。

被告、烏賀陽氏敗訴!

原告、オリコン側勝訴!!

軍国主義政治復活へと

時代を逆行する

納得出来ない不当判決!!!

(激怒!!!)


判決文はこちら(PDF)

唯一、報じたOhmyNewsの報道から

烏賀陽氏敗訴 オリコン側の
主張をほぼ認める
烏賀陽氏「判決不当」と控訴へ 
─オリコンvs烏賀陽氏名誉毀損訴訟


ヒットチャートで知られる
オリコン(小池恒社長)が、
雑誌『サイゾー』の取材に対して
コメントしたフリージャーナリストの
烏賀陽弘道氏を名誉棄損として訴え 、
これに対してオリコンの訴え自体が
「SLAPP(スラップ)
=Strategic Lawsuit
against Public Participation」であり、
違法性があるとして烏賀陽氏が訴え返した
「オリコン訴訟」(併合審理、綿引穣裁判長)が
22日、東京地裁で開かれた。
綿引裁判長は主文で
「本訴被告は本訴原告に対し
100万円を支払え」として、
オリコン側の主張をほぼ認め、
烏賀陽氏の敗訴の判決を申し渡した。
烏賀陽氏側は判決を不服として、
控訴する方針。

判決によると、主文は以下の通り。

1)本訴被告(反訴原告=烏賀陽氏)は
本訴原告(反訴被告=オリコン)に対し、
100万円を支払え。

2)オリコンのその他の請求は棄却。

3)烏賀陽氏の反訴請求を棄却。

4)訴訟費用は、本訴反訴ともに、
これを6分。その5をオリコンの負担、
その余りを烏賀陽氏の負担とする。

(22日付けOhmyNews記事より一部抜粋)


該当記事はこちら(Web魚拓)

取材を受けた側だけの責任か!?
メディアの萎縮につながりかねない
オリコン裁判判決


雑誌『サイゾー』
(当時株式会社インフォバーン発行。
現株式会社サイゾー)内で、
「オリコンのヒットチャートは
ジャニーズに甘い……」などの
発言をしたとして、
オリコン(小池恒社長)に
名誉棄損で訴えられた烏賀陽弘道氏が、
逆にその訴え自体を
「言論を不当に抑圧するもの」として、
オリコンを反訴した
「オリコン・烏賀陽裁判」(綿引穣裁判長)の
判決公判が、22日、
東京地裁で開かれた。
綿引裁判長は、
オリコン側の主張をほぼ認め、
烏賀陽氏には100万円を
支払うよう命じるという、
烏賀陽氏側の全面敗訴を言い渡した。

同記事内でも紹介されているが、
烏賀陽氏は、判決後、
以下のようにコメントしている。

「今回の裁判は、
たまたま『オリコン対烏賀陽弘道』と
いう形をとっているが、実際には
言論の自由を守ろうとする人と、
ぶちこわそうとする人たちの争いだった」


裁判後、
烏賀陽氏の弁護団長・釜井英法氏は、
今回の判決の問題点をこうまとめた。

「烏賀陽は『情報源』、『取材先』
にすぎない。それを名誉棄損訴訟で
1人を狙い撃ちし、公的発言を妨害するのは
『ぼくはパパを殺すことに決めた』事件で
取材先の医師が逮捕されたのと同じ構造。
憲法で保障された言論の自由を破壊する、
反民主主義的な判決だ」


(22日付けOhmyNews記事より一部抜粋)


該当記事はこちら(Web魚拓)

それを受けて原告のオリコン側は
早速、公式声明を発表しました。

PDFファイル
訴訟の判決に関するお知らせ
(2008-04-22)


私が報道で感じた感想を
正直に言わせて戴きます・・・。

訴えを起こしたオリコン側の
小池恒社長は結局、証人出廷も無く
証人の尋問も無茶苦茶なまま(苦笑)

その上、肝心の決め手の
資料も杜撰な上決め手に無し(苦笑)

それでも企業の利権と利害の為ならば
恫喝裁判も止む無しとは・・・・。

オリコンそして小池恒社長!

てめぇらには十分

失望したよっ!!!

(大激怒!!!)


これでオリコン側に取って
都合の良い記事がまかり通る
判例と為りオリコン側に取って
不祥事等の都合の悪い事も
全て排斥が可能で
有ると言うだけで無く
アーティストや歌手の作品の批評や批判は
オリコン側の都合の良い削除排斥も
可能だと言う今回の判決は
はっきり言って・・・・。

不当判決!!!

早い話が・・・・・

利益と利害、利権の為ならば

不当弾圧も文句を言うなっ!!!


とオリコン側と小池恒社長は
声を大にして
そう言いたいですよね?(失笑!)

私は合えて反論致します・・・・。

バカも程々

いい加減にしろよっ!!!

オリコン&小池恒社長!!!

日本国民全ては

オリコン&小池恒社長の

ご都合主義の金儲け利権の

奴隷に為る気なんか

毛頭一切ねぇ!!!

(怒髪天!!!!)


烏賀陽氏側は
判決を不服として、
控訴する方針だと言うそうです。

参考サイト
うがやジャーナル
UGAYA TV(YouTube)
オリコン裁判事件簿~Oricon Law Suit Journal
OhmyNews

BLOG関連記事
2008・04・22付け記事
2006・12・23付け記事



一連のオリコン訴訟に於ける
一審判決の判決言い渡しが
本日行われます!

期日 

4月22日午後1時10分(予定)

東京地裁709号廷(参加自由)


これまでの裁判の経緯に尽いては
こちらへ

私は都合で行けませんが
烏賀陽氏&支援者達に取って
良い判決に為る事を期待しています!

暇の有る方は是非傍聴参加を
お願い致します!

m(_ _)m

参考サイト
うがやジャーナル
UGAYA TV(YouTube)
オリコン裁判事件簿~Oricon Law Suit Journal

BLOG関連記事
2006・12・23付け記事



おいとまして済みません。

m(_ _)m

我多忙故久々の更新です。

インターネットに於ける
一連の問題に法の網を被せようとする
一部の無能且つ無理解な国会議員達の
作った規制が逆に表現や論言の自由を
脅かそうとしています・・・・。

【コラム】児童ポルノ法改正で
ネットのエロコンテンツはどうなる?


3月11日に日本ユニセフ協会が
中心となってスタートした、
「なくそう!子どもポルノ」キャンペーン。

ヤフー、マイクロソフトと
IT系大企業も協賛するこの活動では、
児童ポルノの単純所持の違法化や、
児童を性的に描いた漫画やゲームなどを
「準児童ポルノ」として
規制するよう政府・国会に
求めていくという。

現在世界には、
児童を性目的で扱う
ポルノサイトが推定で
34万以上あるともいわれ、
それらのサイトが子どもたちに
与える悪影響は日々深刻化している。
とくに創作物に関しては、
現在の日本の法律では
規制の対象になっていないため、
明らかにひどい描写が
されているものについても、
対処できない状況にあるという。

「なくそう!子どもポルノ」
キャンペーン公式サイトには、
創作物の流布を規制の対象とする理由を
「実在の子どもたちが
性対象として見られてしまう可能性がある」
「日本で作られた子どもの虐待画像が
他国の人々によってその性的欲求を
満たすために使われている」
と記されている。
子どもへの性的搾取を助長する
画像などの氾濫(はんらん)を抑止し、
やがては児童ポルノ市場そのものを
撲滅しようというのが
同キャンペーンの狙いだ。

これに対して、
「準児童ポルノ」の規制に反対する
著名ブロガー(本人の希望により匿名)は、
「この理屈でいくと、やがては
『すべての反社会的で不謹慎な描写は違法』
という思想統制的な法律が作られることになり、
日本の表現市場は大打撃を受けるかもしれない」

と語る。
インターネット上を中心に、
規制強化への動きを
疑問視する意見があるのも事実なのだ。

一方、海外に目を向けてみよう。
児童ポルノの法規制が
最も厳しい国の一つである
アメリカでは、写真はもちろん、
児童ポルノとおぼしき
インターネット画像を
クリックしただけでも
罪に問われるケースがあるという。
また単純所持も違法化されているが、
「違法画像」がインターネットを
通じて簡単に手に入ることから
えん罪事件も問題となっており、
日本同様に様々な議論を呼んでいる。

守らなければならない「子どもの安全」と、
規制に疑問を投げかける「表現の自由」
双方のバランスを的確に判断し、
法として運用するのは非常に難しい。

自民党「児童ポルノ禁止法
見直しに関する小委員会」

4月10日、被写体が実在しない
創作物については
規制を見送ることで一致した。
識者の間でも様々な見解があり、
慎重な議論が続いている。
この問題はまだまだ長引きそうだ。

(R25編集部)

(4月20日付けR25.jpコラムより一部抜粋。)


守るべき物を守る為の規制が
返って守るべき物をも
逆に傷つけると言う
規制の矛盾・・・・・・。

それは表現と言論を脅かす
存在に為りかねません・・・・。

返って規制を悪用して
利権と利益の為に規制を
利用しようとする輩の存在も
当然、無視は出来ません。

この規制を使って心無い一部の人間達
政府や政治家、企業の汚職や既得権益
不祥事隠しや市場の独占・・・・

私利私欲の為の道具に使う事も
その気に為れば出来るのですから・・・・。

最悪、個人の思想や好み
意見や創作に規制の網を被せて
国民を統制する事も拡大解釈すれば
間違い無く可能としてしまう・・・・。

これでは何のための規制か?
私は理解に苦しみます・・・・。

タイトルにも書きましたが

完璧な規制など存在しない。

この言葉の意味を今一度
心に刻んで良く議論し考えて欲しい・・・。

私は皆さんに声を大にして
伝えたいと思います。


【PR】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。