アクセス制御 ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時期、申し遅れましたが・・・・
3年前の2005年の
6月25日は私の公式BLOG
「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」
開設から丁度3年目にあたる日です!w
よくもまぁ・・・
挫折せずにここまで続けられた者だと
自分で自分を誉めて上げたいな・・・とw
最初の頃は何を書けば良いのか?を
手探りで試行錯誤を繰り返しながら
色々と考えたりしたりした物ですw
と・・・同時に
暇を見つけながらBLOGの作成を
続けながらネット巡回でネタを探し
構成を考えながらBLOGへうPする毎日w
時には煮詰まったりしながら
あれやこれやとw考えたりしながら
3年が経過した訳です・・・・。w
しかし・・・記事の続きを書こうにしても
仕事の暇を見つけてのBLOG故に
BLOGの続きが書けなかったりして
ご迷惑をお掛けしたりして
本気で・・・・・
141362-7277082-149-24089781-pc_320.jpg

(必ず続きの記事は何をしてでも
何とか書きますので気長にお待ち下さいませw)
m(_ _)m

とにかく・・・・ ^^;
私の拙いBLOGを見て戴き色々と感謝しています。
自慢では有りませんが・・・w
BLOGは自分の伝えたい思いを
直接に発信出来る唯一のメディアだと
私は思います。
と、同時に発信する者の責任の重さも
同時に背負っている事を強く実感しています。
ガチガチに硬い話では在りますがw
気持ちを引き締めて
4年目を迎えての決意の次第を
ここに表明したいと思います。
私が続けていく限り
不定期更新では御座いますがw
このBLOG

「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」

末永くお付き合いの程

皆様!よろしくお願い致します!w

m(_ _)m

BGM・in
The Show Must Go On
by
QUEEN+ ELTON JOHN
スポンサーサイト
重大事件故に
これまで取り上げるのを
慎重に控えてましたが・・・
敢えて取り上げさせて戴きます。

今月8日午後に突然起きた
秋葉原無差別殺傷事件から
今日で約3週間が経過しました・・・。

seiup-nandemo_1212903599596_320.jpg


通り魔7人死亡 本県本籍男を逮捕

八日午後零時半ごろ、
東京都千代田区外神田三ノ一二ノ九、
JR秋葉原駅近くの路上で、
小型トラックに乗った男が通行人をはねた後、
ナイフのようなもので次々と
通行人らに切りつけた。
 
警視庁と東京消防庁によると、
警察官を含む十八人が刺されるなどして負傷し、
うち七人が死亡した。
 
警視庁万世橋署は
現場にいた男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。
同署によると、男は本籍青森県、
住所静岡県裾野市、
職業不詳 加藤智大容疑者(25)。
通り魔事件とみて詳しく調べている。
 
男が現場に乗り付けた
小型トラックは静岡ナンバーのレンタカー。
負傷した警察官は万世橋署交通課の警部補で、
パトロール中だった。
 
現場は、JR秋葉原駅から
数十メートルの中央通りと
神田明神通りの交差点。
 
当時は中央通りで歩行者天国が行われており、
買い物客らでごった返していたという。
 
事件を目撃した人によると、
血を流した男性が路上にうずくまり、
救急隊員が慌ただしく応急手当てに当たった。
周辺の道路は封鎖された。

(8日付け共同通信記事より)


この事件が生み出した深く暗い傷と後遺症は
今もなお、後を引きずり続けています。

犠牲に為られた方のご遺族に哀悼の意を・・・
怪我を負われた方には一日も早い回復を・・・

そして・・・・
史上最悪の凶行を犯した
加害者にて殺人者、加藤智大容疑者には

死刑に値する神への冒涜!

もはや極刑も止む無し!!

一刻も早い法の裁きが下るのを
私は願っても已みません・・・。
24歳の若さの突然の訃報に
驚きと悲しみを隠せません・・・・。
私は「何故?」としか今は言葉が言えません。

3代目セーラームーン・
神戸みゆきさん急死


ミュージカル
「美少女戦士セーラームーン」の
3代目セーラームーンとして活躍し、
映画「バトル・ロワイアルII」などにも出演した
女優、神戸みゆきさんが18日午前4時8分、
心不全のため川崎市内の病院で
急死していたことが
20日、分かった。24歳だった。
昨年2月、舞台「レ・ミゼラブル」を
体調不良で降板してから
入退院を繰り返していた神戸さん。
女優のみならず、ファッション関係の
仕事を夢見て回復を信じていたが、
それもかなわなかった。
バラエティーから舞台、
映画と幅広く活躍していた
アイドルが24歳の若さでこの世を去った。

7_002.jpg


所属事務所「ルージュ」の
本田正樹社長(45)は、
サンケイスポーツの取材に
「親族に見守られて亡くなりました。
(遺体は)安らかな表情でした」と事実を認め、
「繊細な子で自分をギリギリまで追い込んで、
持っている力以上のものを演技に出せる子だった…」
と突然の訃報に肩を落とした。

神戸さんは昨年2月、
同6月公演の舞台「レ・ミゼラブル」を
体調不良を理由に降板。
川崎市内の病院に検査入院して以降、
入退院を繰り返していた。
ただ、今月9日に東京・渋谷区の
事務所で社長と会った時には
元気な姿を見せていた。

以前から古着をアレンジして
洋服を作るなどファッションへの関心が高く、
9日も
「自分のやりたいことは演技だけじゃなく、
ファッションを写真で表現するような
仕事もしてみたい」と
意欲を燃やしていたという。
だが、今週に入って体調が急変し緊急入院。
親族が見守る中、静かに息を引き取った。

gnj0806210504015-p1.jpg


神戸さんは平成12年上演の
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の
オーディションで約500人の中から
主役の月野うさぎ役に選ばれ、芸能界入り。
一躍人気となった。
その後も映画「バトル・ロワイアルII」、
ドラマ「仮面ライダー響鬼」など話題作に出演。
体を張った演技は定評があり、
「レ・ミゼラブル」降板後も製作の東宝から
「体調が良くなったら来てほしい」と
オファーを受けていたという。

また、ある関係者によると、
神戸さんは人を喜ばしたり驚かせるのが好きで、
エープリルフールには「事務所辞めた」などと
ビックリメールを送ってきたことも。
明るいキャラクターで
誰からも親しまれる存在だった。

葬儀は21日、
川崎市内の斎場で近親者のみで執り行われる。

(21日付けサンケイスポーツ記事より)


これからの飛躍が
期待されていた矢先の突然の死・・・
悔やんでも悔やみ切れません・・・。

悲しい話かも知れませんが・・・・。

今はただ安らかに休んで下さい・・・。

心からの哀悼の意を申し上げます。
私自身
突然の訃報は驚きを隠せません。

しかし・・・

体調と健康の重要さを
改めて再認識せざるを得ないと思います。

ウガンダ・トラさん死去…
デブタレの先駆け、糖尿病など悪化


元コミックバンド、
ビジーフォーのドラマーで
巨漢タレント、ウガンダ・トラ
(本名・佐藤信一郎)さんが
5月31日午前5時30分、
都内の病院で死去したことが
1日、分かった。55歳だった。
死因は不明だが、
所属事務所によると、
体重約115キロのウガンダさんが
以前から患っていた糖尿病、
心臓病などの持病が悪化したようだ。

同事務所によると、
足元がおぼつかない状態になったウガンダさんは、
先月10日に入院。
その後も足が思うように動かず、
本人も覚悟を決めていたという。
平成6年に結婚した
15歳年下の悦代さん(40)とは
最近離婚したようで、
最期は実弟に見守られ
静かに息を引き取った。

ウガンダさんは、
ウガンダ共和国のイディ・アミン元大統領と
顔が似ていたことから芸名を付け、
昭和52年に
グッチ裕三(56)、モト冬樹(57)らと
ビジーフォーを結成して人気に。
58年に解散後は、
デブキャラタレントの先駆けとしてソロで活躍。
カレーライスを食べるスピードが速く、
「カレーライスは飲み物」と
答えて笑いをとっていた。

(6月2日付けSANSPO.COM記事より)


巨漢を売りとするタレントは
常に健康面でのリスクを背負っています。
余り良い傾向とは言えません・・・・。

「デブキャラ」花盛り…
医師警告、肥満は万病のもと


昨今の芸能界、
ウガンダさんを源流とする
「デブキャラ」が花盛り。
カワイイ、親しみやすい…というのが
その理由のようだが、
健康面での心配はないのか。
大阪厚生年金病院内科医長の
鈴木夕子医師に聞いた。

「肥満は万病のもとで、
心筋梗塞や脳卒中などの重大疾患、
また睡眠時無呼吸症候群の原因となり、
突然死の危険性が非常に高まります」

鈴木医師によると、
肥満の人が突然死に至る確率は、
標準体重の人の3-5倍というハイリスク。
肥満であることだけで、
つねに死と隣り合わせと
いうことさえできるのだ。

肥満によって引き起こされる
疾患は他にも多いが、
中でも高血圧と糖尿病への
注意を鈴木医師は呼びかける。

「肥満になると、
ただでさえ多い体脂肪が
血管を圧迫する上に、
血中の脂質が多いので
血液がドロドロになって高血圧になる。
また肥満が長期化すると
血糖をコントロールする
インスリンの働きを妨げる
物質の量が増えて、
高血糖の状態が続く。
そうなると
インスリン分泌能力が低下して
糖尿病になるのです」

高脂血症や高血圧は動脈硬化を、
糖尿病は神経障害や腎機能障害を
引き起こし、いずれも放置すれば死を招く。

高度肥満の人の4割が
糖尿病を合併しているとの報告もある。
亡くなったウガンダさんも糖尿病だった。

こうした肥満の危険性を憂慮した
元大関でタレントの
KONISHIKI(44)は
今年2月25日に地元ハワイで
胃の手術を受けている。
胃の入り口を狭める
ガストリックバイパス術と、
その後の節制で300キロあった
体重から70キロの減量に成功している。

食事療法や運動で減量が可能なうちに、
ダイエットに取り組んだ方が良さそうだ。

(6月2日付け夕刊フジ記事より)


昔から

「体は資本」

と良く言います。

芸能界でも同じ事が言えます。

芸能事務所の
関係者の皆様には
所属芸能人の心身の
体調管理を今一度、
全体的に見直しては如何か?と
私は思います。

半年に一度の健康診断とか
定期的なチェックを行う等
予防策はその気に為れば
出来ると私は思います。

同じ事を繰り返さない為にも

「体は資本」

改めて、この言葉の意味を
深く噛締めたいと私は思います。


ウガンダ・トラさんの
ご冥福を心から祈ります・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。