アクセス制御 ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の更新の続きです。
紅白歌合戦に付いてTechinsightJapanは
独自の目線で辛辣な感想を述べてます。

******************************************

【エンタがビタミン♪】「NYC boysって誰?」。
年末恒例”なりふりかまわず歌合戦”。


第60回NHK紅白歌合戦出場歌手が決定した。
60回という記念の年。何か目玉はあるのだろうか?
ネット上でははやくも厳しい意見が飛び交っている。

今年初出場の歌手は紅組が木村カエラ、水樹奈々、
白組が嵐、NYC boys、FUNKY MONKEY BABYS、
flumpool、遊助、レミオロメンとなっている。

これまでジャニーズ枠は2組と言われており、
毎年SMAPとTOKIOが出場しているので、
他のグループは出場出来ないと思われていた。
しかし、今年は SMAPとTOKIO以外に
嵐とNYC boysの出場が決定している。
これに対して「嵐はまだ分かるが、NYC boysって誰?」
「NYC boysだったらキンキキッズ出してやれ」などの
意見も出ている。しかし、キンキキッズは
毎年恒例のカウントダウンライブがあるので無理だ。

また「今年は、知ってる曲や売れた曲が入っていない」
「水樹奈々ってアニオタにしか人気ない」
「浜崎あゆみの今年の歌知らない」
「NHKって平原綾香好きだよね」
「あいかわらず演歌枠が多い」
「美川憲一と和田アキコって何歌うの?
また昔の曲引っ張り出してくるの」など
厳しい意見が殺到している。

確かに今年は目玉という目玉がないような気がする。
今年のヒット曲もあまり入っていない印象が残った。
本編の間に加藤清史郎や招きねこだっくを
入れるのではとも言われているが、
それだけで目玉と呼べるかは疑問である。
NHK側としては、嵐を出場させることで
何とか視聴率を稼ぎたいのだろうが、
全体の印象としてはパッとしない
紅白となりそうである。

(TechinsightJapan編集部 MAKI)

(24日付けTechinsightJapan記事より)


******************************************

たしかに全体的に見ると地味な人選と言うか
視聴率を稼ぎたい意図が垣間見えるとしか
言えない見方も見られます・・・。

しかし・・・
問題はそれだけでは有りません
現実の音楽マーケットとの実態のズレを
浮き彫りにすると言うこんな声も・・・

******************************************

安室、B'z、YUIも出ない......
音楽マーケットの流れを無視した『紅白歌合戦』


先日発表されたNHK『紅白歌合戦』の
出場者一覧が話題を呼んでいる。
下馬評では"今年の目玉"とも言われていた
井上陽水、矢沢永吉らの名がなかった一方、
flumpool、レミオロメン、
ジャニーズのNYC boysらが初出場を果たすことに。

ある音楽関係者は今年の出場者についてこう語る。

「陽水や永ちゃんは
"紅白に出ないのがステイタス"の世代ですから、
不出場もいたしかたないでしょう。
それよりも問題なのは、実際に売れている歌手や
バンドが出場しないこと。
主にNHKとマネジメント事務所との関係性で
出場枠が埋まっており、
音楽マーケットとのズレが際立っています」

"売れたのに出場しない"歌手の筆頭格は、
最新アルバムが60万枚を超える
ヒットとなった女性シンガーSuperfly。
CMソングへの起用も多い彼女の場合、
「NHKは事務所サイドに出演を打診したが、
演出面の合意が得られなかったようだ」
(前出・音楽関係者)

昨年末に発表したアルバムが売れ続け、
今年に入ってミリオンセラーを達成した
Mr.Childrenも出場せず、同じ事務所の
レミオロメンが出演することに。

「レミオロメンは4年前の
『粉雪』に続く大ヒットを出しておらず、
このタイミングでの出場は変ですね。
いつかまたミスチルに出て欲しいNHKサイドが、
事務所に気を使ったのでは」
(レコード会社関係者)

他には、CD不況の中、
10万枚以上の売り上げを実現した安室奈美恵、B'z、
YUI、JUJUといった面々も出場しない。
いずれも当人サイドによる"出場辞退"と見られるが、
NHKは彼らの出演に向けて、
どの程度の努力を払ったのか。

「仮にも国民的音楽番組を標榜するのであれば、
中高年に人気のある演歌勢はともかく、
せめてポップス畑くらいは
音楽マーケットの流れを反映してほしい。
ヒットらしいヒットを出していない平原綾香や
TOKIOらが毎年出ているのはおかしいですよ」
(前出・音楽関係者)

いまや多くの歌手やバンドから
敬遠される『紅白歌合戦』。
紅組と白組に分かれて競い合うという
番組形式を再考し、
時代に合った演出を模索すべき時期かもしれない。

(文=石山博美)

(28日付け日刊サイゾー記事より)


******************************************

ちなみに・・・この出演者の顔ぶれに
一部の演歌・歌謡曲系の歌手やスタッフからは
選出に疑問や憤慨する声も少なからず出ています。

特にある大御所の
ベテラン男性演歌歌手の一人は
怒り心頭で腹の虫が収まらない程の
怒髪天状態との噂が・・・。

こうなってくると何らかの強行策を
取ってくる可能性も無きにしも在らず
一波乱が起こる事も無いとは言えません

出演者の人選にも改善の余地は
まだまだ有るとしか言えないでしょうか・・・?

とにもかくにも・・・
紅白歌合戦の本番当日は何が起きるか・・・
そして視聴率の結果は如何に・・・

総ての答えは大晦日、12月31日の
当日を待つしか在りません。

答えは神のみぞ知る・・・。
スポンサーサイト
さて・・・やっと総ての詳細が発表された
第60回紅白歌合戦ですがこれまでの
発表解禁までに色々なゴタゴタがあって
発表に漕ぎ着けた訳ですが・・・

******************************************

NHKは、大みそかに放送する
第60回紅白歌合戦の出場歌手
計50組を発表した。
初出場は10周年の「嵐」や、
10月に死去した加藤和彦さんと
サディスティック・ミカ・バンドで
一緒に活動した木村カエラ(25)、
それにアニメ声優としても活躍する
水樹奈々(29)ら8組。
出場が有力視された大物には次々とフラれ、
新鮮さには欠く顔ぶれとなった
選考の舞台裏をのぞいた。

その大舞台にふさわしい大物を、と
今月から総合テレビ「SONGS」で
4週連続の特集を組むなど
“準備”を進めていた井上陽水(61)は、
本人やバンドの「スケジュール調整がつかない」
ことを理由に断られた。

もう一人の大物、矢沢永吉(60)は、
「夏ごろに出場を打診したが回答がなかった」
とNHKサイド。

事情はどうであれ、
これまで吉田拓郎、中島みゆき、
松任谷由実、そして昨年は
Mr.Childrenと続いてきたのに、
メモリアルの今年は、
誰もが認める大物の初出場がない。
「レミオロメンは、
昨年のミスチルの代わりか?」(業界関係者)
なんて推測する見方も。

初出場が決まった新人、
flumpool(フランプール)も
au「LISMO」のキャンペーンソング
「花になれ」が180万ダウンロードを
記録するなどヒットに恵まれはしたが、
「フランプールが出て、
なぜヒルクライムが出ないのか」(音楽関係者)
という不満の声も挙がっている。
他にも、JUJUや西野カナ(20)ら
実力派新人が選に漏れた。

復活組では、アリスやドリカム、
ゆずが目立ったところか。
細川たかし(59)の
返り咲きには疑問の声も。
「2007年に円天問題、昨年は暴力団組長との
ゴルフコンペが明らかになり、出場を見合わせていた。
NHKは世論調査で高い支持があったとしているが、
また組織票か?!なんて皮肉を言う関係者がいました」
(ある民放スタッフ)

(24日付け夕刊フジ記事より一部抜粋)


******************************************

NHK紅白歌合戦の出場者が
祝日の23日に発表された。
有力視された井上陽水や矢沢永吉の名は無く、
目立ったのは昨年の倍の
4枠を確保したジャニーズパワーぐらい。

「円天問題などで、昨年まで辞退していた
大物・細川たかしが返り咲き、
弟の逮捕で当落が危ぶまれた
坂本冬美も入ってほっとした」と
目立たないところで
胸をなでおろす関係者もいた。。

近年、紅白は民放の“協力”も欠かせない。

「昨年は『羞恥心』の応援でフジテレビの
中村仁美アナが登場して話題を呼んだ。
今年は日テレが、そのポジションを
取りに行っているという感じ。
FUNKY MONKEY BABYSが
初出場を決めたが、プロモーションビデオには
日テレの羽鳥慎一アナが出演して大々的に
コラボしちゃってるわけです。
もしかして、羽鳥アナが友情出演する
演出があるかも」(某構成作家)

(28日付け夕刊フジ
【芸能ニュース舞台裏】記事より)


******************************************

しかし・・・一部報道で報じられた
大物の一人に付いてこんな話も・・・

******************************************

最大の疑問 井上陽水が
出演をOKしなかったのはなぜか


NHK紅白歌合戦の迷走が続いている。

紅白の司会者と出場歌手の発表が
ともに祝日という異例の事態に加え、
総合司会の発表までハッキリしないなど、
今年の紅白はイレギュラーの連続である。

そもそも、ここまで
NHKがバタバタしているのは第60回大会だから、
サプライズの大物が出場するといわれながら、
実現しなかったことが原因だろう。

その最大のターゲットは井上陽水(61)だが、
NHKは陽水を引っ張り出すために、
8月には教育テレビで「LIFE 井上陽水」を
4夜連続で放送。今月11日からは
音楽番組「SONGS」でも4週連続で特集し、
前々から紅白初出演に向けてお膳立てしていた。

なのに、なぜ陽水は出ないのか。
表向きは陽水とバンドのスケジュールを押さえることが
できなかったというのだが、
陽水がOKした段階で周囲も動き出すはずで、
理由にならない。そこでこんな声が聞こえてくる。

「交渉は相当、難航していたが、
期待が大きいから、担当プロデューサーが
マスコミの取材に“OKをもらった”と
言うしかなかった面がある。
その時点では“出る”という感触程度なのに、
内定情報に発展し、それが独り歩きしてしまった」
(あるマスコミ関係者)

●ファンのためにひと肌脱ぐ気はないの!?

しかし、
「少なくとも途中までは陽水も出演に前向きでした」
と言うのは音楽業界関係者だ。

「神経質な性格で知られる陽水ですが、
三顧の礼で出演を打診してきた
NHKには好印象を抱いていた。
ところが、内々定の段階で
関係者から情報が漏れて、
一部スポーツ紙で紅白出場決定と
報じられたのがマズかった。
レコード会社は“事実無根だ”と
報道各社に抗議してネットなどから
記事の削除を求めて事態の収拾を図ったのです。
しかし、一度ヘソを曲げた
陽水の気持ちは元には戻らなかったようです」

それにしても、
これだけNHKを翻弄(ほんろう)し、
最終的に視聴者の期待を裏切った陽水も陽水だ。
ファンのためにひと肌脱ぐくらいの気概を見せてもいい。
でないと、陽水は何さまだといわれかねない。

(29日付け日刊ゲンダイ記事より)


******************************************

事情はともかく・・・
期待しながらも出演辞退する側の事情も
千差万別有りまして難しい所かも知れません・・・

だが・・・・
出演者の顔ぶれにはネット界では
疑問や異論も一部ですが少なからず出ています。

それに付いては次回の更新にて詳しく。
何も言うな・・・!

何も聞くな・・・!

ただ言えるのは一つ・・・

衝撃に備えろ・・・・!



FACT 待望の2ndAlbum

「In the blink of an eye」

Drop to

2010・1・13

ロックの枠すら超えた
得体の知れないサウンドドラッグ
あなたの五感が今、試される・・・!

#12月14日AM04:25追記#

噂に為っていた2ndAlbumからの
先行シングルの最新PVが
YouTubeにうpされたのでとりあえず紹介w

FACT / slip of the lip(公式PV)
VideoDirection by NINO



HQ(高画質)版はこちら

感想を一言言わせて頂く。

この音楽・・・

「凶暴」にも程が在るわ!!ww

特に後半の#プリプロダクションの凄さは
特筆物なので注目して欲しい。

とにかく、年明けにも発売される
2ndAlbum「In the blink of an eye」
が楽しみだったりする。

In the blink of an eye(初回限定盤)(DVD付)In the blink of an eye(初回限定盤)(DVD付)
(2010/01/13)
FACT

商品詳細を見る


#特撮及び映像の
特殊効果合成を指す専門用語。

参考リンク
FACT公式
(注・音が出ます!)
YouTube FACT公式
大晦日恒例の第60回紅白歌合戦の
最後に残された総合司会者を含めた
総合司会陣の発表が昨日27日に
NHKから発表されました。

******************************************

「紅白」総合司会に“朝の顔”阿部アナ!

大みそかのNHK「紅白歌合戦」の
総合司会とラジオ担当アナが
27日、同局から発表された。

総合司会は「NHKニュース おはよう日本」の
キャスターを務める阿部渉アナ(42)。
01~04年と4回連続で白組司会を
担当しているが、総合司会は初めて。
単独の総合司会は04年以来5年ぶり。
同局は「朝の顔として幅広い世代に知られ、
過去に紅白の経験もあるので適任と判断した」と
起用理由を説明した。
一部で、タモリ(64)ら大物タレントの
起用が報じられたが、「打診したかは分からない」とした。

(28日付けSANSPO.COM記事より)


******************************************

で・・・・総合司会陣は次の通りです。

総合司会
阿部渉アナウンサー(総合司会は初司会)

ラジオ中継実況
(ラジオ第一実況担当)
神田愛花アナウンサー(去年と同じく2年連続)
山田康弘アナウンサー(去年と同じく2年連続)

総合司会を務める阿部渉アナは現在
「NHKニュース おはよう日本」
平日(月~金)7時台のキャスター担当として
朝のニュースの顔としてお馴染みですが
過去、これまでに
「お昼ですよ!ふれあいホール 」「日曜スタジオパーク 」
「NHK歌謡コンサート」「BS日本のうた」の司会や
「大河ドラマ 利家とまつ 」
「NHKスペシャル」でのナレーション、
「NHKニュース7 (月~金)」の担当キャスター等を
請け負ってきた実力と紅白歌合戦では
2001年の第52回から4年連続白組司会の
実績を買われて初の総合司会の
大役を任される事と為りました。

そしてラジオの実況担当は
前年と同じ顔ぶれで当日に望みます。
ラジオ実況の山田康弘アナは奇偶にも
現在、「BS日本のうた」司会担当で
前任の阿部渉アナの後輩格にあたります。
これも偶然の縁でしょうか・・・w

これで全ての詳細が発表を終えて
残るは本番当日の出演者の楽曲の
発表を残すのみと為りました。

お膳立ては全て整いました!
後は大晦日の本番当日を待つのみ!

しかし・・・一部報道で囁かれた
大物タレントの総合司会の起用は
結局,局アナが司会すると言う
無難な結論に落ち着いたみたいですねw

参考リンク
NHKオンライン
******************************************
注・この話の内容はスタ☆ブロ版BLOGでの話で在り
ミラー版のFC2BLOGとは事情が異なります。
その事をあらかじめ念頭に於いてご理解と
ご了承を宜しくお願い致します。m(_ _)m
******************************************


11月20日付けの記事でも取り上げましたが・・・

異変はそれ以上に急変していました・・・w

11月24日

この日、スタ☆ブロそして前身のオリコンBLOGを通じて
BLOGのアクセスランキングにまったく無縁だった
当BLOG「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」は

歴史に名を刻んでしまいました・・・。


orz

まさに・・・・

震えがとまらん・・・・www

えぇ・・・

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

不定期更新当たり前w
問題発言連発の
内容がストレンジ且つ
アクセスランキングには全く無縁の
ステイ・アンダーグラウンドな道を歩んできた
当BLOG「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」が

Blog20091124#1_800

BLOGカデゴリー総合部門で堂々の
デイリーランキング1位っ!?!?


Blog20091124#3_800
#画像は一部加工しています。

どうしてこうなった!?w

どうしてこうなった!?ww

どーしてこうなった!?!?www

(((( ;゜д゜)))アワワワワ

あえて・・・あえて皆様に言いたいっ!

スタ☆ブロ全登録BLOG及び

全BLOGマスターの皆様っ!!


マジで申し訳有りませんっっ!!!


m(_ _)m

こんなBLOGの私に
ランキング1位だなんて・・・・!

まさに顔面蒼白としか言えません。

私はこの現実に本気で戸惑ってます・・・。
困惑してます・・・いやwほんとにww

まずは皆様に心からの

感謝!感謝!感謝!


かしこみwかしこみw m(_ _)m

あぁ・・・マジでどうしよう・・・w
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル
やっと正式発表です!

本日、NHKから第60回紅白歌合戦の
参加出演歌手陣が正式発表されました。

今年の紅白は60回目の記念すべき
節目の回と有りそれ相当の相応しい
番組にするべく努力した所も見受けられます。

しかし・・・反省すべき所も有り
今後の課題も僅かでは有りますが
解決しなければならないのも事実です。

******************************************

今年の紅白 初出場少なく
メモリアル色強まる


60回目を迎える今年のNHK紅白歌合戦の出場歌手は、
初出場が昨年の14組から8組とほぼ半減した。

番組の井上啓輔プロデューサーは
「初出場ではないが、
今年活躍した方々は多かった」としながらも、
「昨年の羞恥心や木山裕策さん、秋元順子さんのように、
幅広い世代が聞いたヒット曲は少なかったという印象だ」
と話す。

番組構成は、
節目の60回を前面に押し出した。
放送時間は過去最長の4時間25分だが、
出場組数を昨年の53組から50組まで絞り込んだ。
「演出を充実させ、みんなの心に響く、
いいコーナーを作る」(井上プロデューサー)と、
メモリアル色を強くする意向だ。

この方針は、出場歌手の顔ぶれにも反映している。
デビュー20周年のDREAMS COME TRUEに
10周年の嵐、メンバー全員が
還暦を迎えているアリスなどは、
いずれも“区切り”を迎えたアーティスト。
今年いっぱいで活動を休止する絢香は、
紅白が最後のステージだ。

ただ、デビュー40周年を迎えた井上陽水や、
還暦の矢沢永吉など、オファーを出しながら
出場がかなわなかった大物もいる。
「視聴者が最も見たいアーティスト」のお題目は
完全とはいえず、制作側も
「来年以降、タイミングが合えば
出場してほしいという気持ちに変わりはない」と
無念さを口にする。

また、今年は忌野清志郎さんや加藤和彦さんなど、
日本の音楽シーンに影響を与えた人物の死去が
相次いだ年でもあった。
「今年の音楽シーンの総決算」を宿命づけられている
紅白としては、こうした故人の活躍をしのぶような
演出やコーナーも、今後検討されていくとみられる。

(23日付けSANSPO.COM記事より)


******************************************

さて・・・・・
気に為る今年の出場歌手は・・・?
[第60回紅白歌合戦出演者正式発表。]の続きを読む
この世界では・・・
広しと言えど二度も大物を釣り上げる
漢の中の漢が居ると言う・・・。

これマジですかっ!?!?w

******************************************

松方さんが特大マグロ釣る 
山口県沖で325キロ


Blog20091123photo.jpg

山口県萩市の離島・見島沖で開催中の
「萩クロマグロトーナメント」で22日、
ゲスト参加した俳優の松方弘樹さんが
約325キロの特大マグロを釣り上げた。
昨年も300キロを超える大物を釣って
優勝している。

萩市によると、
約1時間半の格闘の末に釣り上げ、
「2年連続ならまぐれとは言われないでしょう」と
満足した様子だったという。
300キロ超の大物が見島沖で上がるのは今年初めて。
マグロは東京・築地市場で競りにかけられ、
松方さんと船主で折半する。

トーナメントは27日までだが、
今のところ松方さんのマグロの重量を
超える参加者は出ていない。
優勝者には地元特産のコメやウニが贈られる。

(22日付け共同通信より)


******************************************

「仁義なき戦い」「遠山の金さん」等で知られる
俳優の松方弘樹氏の趣味が釣り(特にトローリング釣り)
なのは余りにも知られてます・・・
しかも腕前はプロレベル級と言われてる程の物
芸能界きっての太公望と噂されています。

しかし・・・松方氏は去年のこの大会で
300キロオーバーの大物のクロマグロを
激しい格闘の末、吊り上げて周囲を驚かせました。

誰もかもが多分二度と無いだろう・・・と
思っていた所へいきなりの300キロオーバー級の
クロマグロを2年連続で吊り上げるとは・・・・

正直、私も信じられず目が点と為りました・・・

これは・・・マグロもとい

まぐれを超えて

何と言うべきかっっ!w


私もただ・・・唖然としか言えません。

まさに・・・

漢の中の漢っっっ!

私も松方弘樹氏の魂を
見習いたいと思います・・・・。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

まさにタイトルどうりの
任侠の人は凄いねぇ・・・w でつw

・・・・・・・・・・orz
目に余りすぎる傲慢極まりない
教師の不祥事が後を絶たない・・・。

「教育」を「狂育」と履き違える
無神経な教育者の給料に国民の税金が
使われている事実に私は怒りを覚えて止まない。

もまいら・・・・

皆、まとめて国民に

土下座せいっ!(激怒!)


******************************************

女子生徒は不登校に 
バレー部顧問が体罰「「激励のつもり」


群馬県立高崎商業高校(高崎市)の
女子バレーボール部の男性顧問が、
練習中に複数の部員に体罰を加えていたことが
16日、分かった。部員にけがはない。
同部は8月に奈良県で開かれる
インターハイへの出場を予定しており、
同校は「生徒に落ち度はなく、辞退はしない」と
説明している。

同校によると、顧問は昨年12月、
部員数人のほおを平手でたたいた。
今年1月には竹刀で部員の頭をたたいた。
「激励のつもりだった」と話しているという。

竹刀でたたかれた部員は2月中旬から
不登校になっているといい、
学校は保護者に謝罪した。
徳江要一校長は
「体罰はあってはならないと
常に指導してきた。誠に遺憾」としている。

(7月16日付けスポーツニッポン記事より)


******************************************

「激励のつもりだった」が傷害罪行為とは
洒落にも為りません・・・
不登校の直接的原因を教師が作るとは
この女子バレーボール部の男性顧問の根性が
腐ってるといか言えません・・・。

私からこの女子バレーボール部の男性顧問に一言

私が介錯するっ!

責任を取って切腹せよっ!(激怒!)


******************************************

教頭が体罰で生徒の口にチョーク入れる

高知県教育委員会は28日、
男児の口にチョークを入れる体罰を加えたとして、
同県中部の小学校に勤める50代の
男性教頭を減給10分の1(3カ月)の
懲戒処分にした。教頭は6月24日、
授業中に数人の児童があくびをしたため
「次にあくびをしたらチョークを口に入れる」と注意。
うち男児1人が「かまわないから入れろ」と
言い口を開けたため、チョーク1本を入れた。
すぐに取り出したが、
男児はショックで次の日から登校できなくなった。
学校の近所の住民からの通報で発覚。
教頭は「迷惑を掛けて申し訳ない。
初心に戻りたい」と反省しているという。

(7月29日付けスポーツニッポン記事より)

******************************************

50代の男性教頭の釈明の一言
「迷惑を掛けて申し訳ない。初心に戻りたい」

初心に戻るよりは刑務所へ強制送還した方が
良いと私は思ったりする・・・(失笑)

初心に戻る前に

一生、失業して地獄でも見てろっ!(激怒!)


******************************************

「はげ」に怒り 男性教諭生徒に体罰

兵庫県教育委員会は11日、
「はげ」と言われたと勘違いし
男子生徒に体罰を加えたとして、
同県加古川市立中の男性教諭(56)を
戒告の懲戒処分とした。

県教委によると、
教諭は4月20日午前、
2年の授業中に男子生徒が同じクラスの女子生徒を
「はげ」とからかったのを、
自分に言っていると勘違いして注意した際、
首を右手で押さえて失神させた。

男子生徒はその場ですぐに目を覚まし、
ほかにけがはなかった。教諭は
「胸ぐらをつかもうとして
首に手が入ってしまった」と話しているという。

(8月11日付けスポーツニッポン記事より)


******************************************

男性教諭(56)に私から一言。

いくら何でも大人気無い・・・!

気持ちは分かるが節度が必要だろっ!

「はげ」だけに・・・w

頭冷やして反省せいっ!!(苦笑!)


******************************************

公然わいせつの教諭免職、
体罰教師は停職1カ月


熊本県教育委員会は4日、
路上で下半身を露出したとして、
同県八代市立八千把小学校の
男性教諭(44)を懲戒免職とした。
県教委によると、
教諭は7月、同県氷川町の路上で、
面識のない20代女性に下半身を露出し、
10月に公然わいせつ容疑で書類送検された。
県教委に「見せたい気持ちがあり、
事件の前後にも5、6回同じことをした」と
話しているという。

また4~8月に、
監督を務めていた
男子バスケットボール部の複数の部員に対し、
ほおをたたくなどの体罰を繰り返したとして、
玉名教育事務所管内(玉名市など2市4町)の
高校に勤める男性教諭(39)を
停職1カ月の懲戒処分とした。
4月に保護者から学校に抗議があり、
教頭が厳重注意したが、
県教委には報告しておらず、
その後も体罰は続いていた。

熊本県の山本隆生教育長は
「教育公務員にあるまじき行為で、
心からおわびしたい」としている。

(11月4日付けスポーツニッポン記事より)


******************************************

公然わいせつ容疑よりも暴力行為の方が
処分も軽いのは如何な物か・・・?
普通は同罪として処分するのが妥当だろ!

男子バスケットボール部監督の男性教諭(39)の
首をへし折ってやりたくなるのは
当たり前だと私は思う・・・。

仏の顔も三度まで・・・

たいがいにしろやっ!

この狂人バカ男性教諭(39)がっ!

(激怒!)


******************************************

普段から体罰…
バイオレンス先生が男児の歯を折る


大阪府教育委員会は20日、
小学5年の男児(11)を投げ飛ばし、
歯を2本折る体罰を加えたとして、
枚方市立の小学校の男性教諭(24)を
停職6カ月の処分にした。
教諭は20日付で依願退職。
男児側は枚方署に被害届を出した。

府教委によると、
教諭は10月、男児が近所の集合住宅の壁を
壊したため謝りに行くよう指導したが、
男児が従わなかったため立腹。
校舎の玄関で男児を投げ飛ばした上、腰を2回蹴った。

教諭は昨年から、
この児童を含めた6人に平手で
顔を叩くなどの体罰をしていたという。

(11月20日付けスポーツニッポン記事より)


******************************************

これはもう・・・教育指導と言うより
殺人未遂と傷害罪確定でしょう・・・。

枚方署の関係者に強く進言する。

これ以上の被害を防ぐ為にも

狂気の沙汰の男性教諭(24)を

殺人未遂と傷害罪の疑いで

早急に身柄を押さえ逮捕せよっ!

(大激怒!!)


と・・・まぁ揃いも揃って
厚顔無恥な汚職議員と同罪の
三国一の馬鹿教師共の不祥事を
上げては見ましたが・・・
減給や停職処分では
抜本的には解決する事は
到底、出来ません。

過去にも同じ事で発言しましたが
根本的な解決策として進言した発言を
もう一度言わなければ為りません。

エセ聖職者を教壇から追放する為には
即、懲戒免職と法的刑事告発
教員免許の取り上げor高額罰金処分等の
厳しい処分のお灸を据えないと
行けない配慮をそろそろ考えないと
再発防止は無理の論理では無いでしょうか?


もう一度処分内容を見直さないと
教育のあり方その物が問われかねないと
私は強く言いたいと思う・・・。

一部の教師の無神経な
不祥事の再発防止の為にも
まず関係者一同は今一度真摯に
厳しい罰則を含めた処分内容を
学ぶ側の立場で考え直すべきだと思う。
深刻な不況が続く中
テレビ業界も例外に在らず。

経費削減と番組の制作予算の縮小は
以外な所で目に見えています。

しかし・・・・

良く考えてみると悪しき方向へ向かうのは
果たして良い判断なのでしょうか?


******************************************

番組を見せて商品まで売る
民放の“テレビ商法”に疑問の声


●「リアル・クローズ」「行列のできる法律相談所」……

民放キー局5社の09年9月連結中間決算が今月出そろい、
5社すべてが減収となった。大きな要因は収益の柱となる
CM収入の落ち込みで、“JALショック”もあって、
各局ともさらなる悪化を警戒している。

そんな中、各社が粛々と進めているのが、
徹底した経費削減だ。ある民放社員がこうボヤく。

「上司からの命令は
“とにかくギャラが安いタレントを使って視聴率を落とすな”。
もちろん、努力はするが、言う通りにするとバラエティーは
ひな壇芸人を並べたバカ番組だらけになってしまいます」

そこで、最近、テレビ局が力を入れているのが放送外収入の増加。
映画やイベント事業だが、それでは足りないため、
知恵を絞って始めたのが“番組と広告”の一体化。

具体的にはこうだ。
とくに顕著なのは今秋のフジテレビの連ドラ
「リアル・クローズ」で、俳優が身につけている服や
アクセサリーを、番組オンエア中にホームページで
購入できる仕組みを取り入れた。
ドラマを見せて、ブランドものを売って、
皆で儲けようというわけだ。

似たような手法がバラエティーでも急増中だ。

「日本テレビの『行列のできる法律相談所』では
毎週、グルメ特集を組んでつけ麺やうどんを紹介し、
お店の電話番号や住所をホームページにアップしている。
これではまるでグルメの通販番組です」(マスコミ関係者)

同局は情報番組「サプライズ」でも
“○○さんのお取り寄せグルメ”を積極的に紹介している。

しかし、視聴者はこうした番組を
「広告」や「通販番組」と知らずに
見せられているのが実態だ。
法大教授の須藤春夫氏(マスコミ論)がこう言う。

「テレビ局は番組制作費削減プラス、
企業からの販売促進費を期待して
“通信販売みたいな番組”を始めたのでしょう。
しかし、民放連には“
広告は週の放送時間の18%以下”の自主基準がある。
“通販もどき”の番組は基準に抵触する可能性があるし、
公共の電波を私物化して商売すること自体が
問題だと思います」

民放のなりふり構わぬ“テレビ商法”。
いずれ視聴者の総スカンを食らうことになりそうだ。

(17日付け日刊ゲンダイ記事より)


******************************************

しかし・・・・
これだけに留まらず一部の在京キー局の中には
深夜枠番組の大幅削減をして
専門企業の外発による「テレショップ番組」を
増加する番組編成で凌ごうとする所も・・・・
先に取り上げた民放連の自主基準に
抵触する危険性も一部で囁かれています。

******************************************

テレ朝が改編で深夜情報番組開始 
今の番組どうなる


今年10月期の番組改編において、
テレビ朝日の平日深夜0時台に
新たな情報エンターテインメント番組
『お願い!ランキング』が始まることが明らかになった。
これに伴い、現在放送されている
深夜0時台のバラエティー番組は『タモリ倶楽部』を除いて、
ほぼすべて終了すると見られている。

テレビ朝日といえば、
深夜のバラエティー番組が充実していることで知られ、
深夜枠からゴールデンタイムに格上げされる番組も少なくない。
現在ゴールデンタイムで放送されている番組の中では
『Qさま!!』と『いきなり!黄金伝説。』が、
元々は深夜に放送されていた。

過去に放送されていた人気番組では、
『オーラの泉』『くりぃむナントカ』
『大胆MAP』などがゴールデンタイムに進出。
また11時台に放送されている
『アメトーーク!』『お試しかっ!』も
元々は深夜0時台に放送されていた番組だ。

今回の番組改編の背景について、
関係者は不況に伴う番組制作費の
大幅な削減があると言われており、
新番組の制作費も従来に比べると
かなり少ないものだと語っており、
これも致し方ないところか。

(9月13日付け日刊アメーバニュースより)


******************************************

特に深夜から早朝5時台に掛けての
一部在京系キー局の番組を見ると大半が
「テレショップ番組」で占められる所も
少なく有りません・・・・。

需要が有れば供給有りの原理でしょうか・・・w

しかし・・・外部制作型の
「テレショップ番組」の一部には
過剰演出がもたらす問題や
番組で取り上げた商品の偽装や欠陥等で
購入者と紛争トラブルに陥る企業も
表面的にはあまり目立ちませんが
少なからず起きているのも事実・・・・。

テレビ局の側から見れば
「テレショップ番組」の制作元の
企業から得られる番組枠の収入は
テレビ局の経営を維持する為には
必要不可欠なのも又事実。

放送法の兼ね合いの問題も
今後、議論に為りかねない事と為るのは
もはや避けられません・・・・。

だがしかし・・・
それと引き換えに失ってしまう物とは何か?
視聴者を含めテレビ局と番組を作る制作に携わる
全ての1人1人が真剣且つ真摯に事の重大性を
考えなければ為らないのかもしれません・・・・。

利益重視の姿勢がもたらす不の影が
放送文化にもたらす深刻な結果を出す前に・・・・。
******************************************
注・この話の内容はスタ☆ブロ版BLOGでの話で在り
ミラー版のFC2BLOGとは事情が異なります。
その事をあらかじめ念頭に於いてご理解と
ご了承を宜しくお願い致します。m(_ _)m
******************************************


2005年のBLOG開設以来・・・
アクセスランキングには全く無縁の
ステイ・アンダーグラウンドな道を歩んできた
当BLOGであったが・・・流れは変わったのか?w

2009年11月19日

それは当BLOGとBLOGマスターに取って
記念すべき日となってしまった・・・
否が故にもw

一段落ついてPCを立ち上げBLOGのTopへ
何気なくデイリーBLOGランキングの
BLOGカデゴリーの作家部門を見てみた・・・・・

目の前のモニターに映ったのは・・・

え・・・・・・・・

Blog20091119#3_800
#画像は一部加工しています。

( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)!?

嘘・・・・・・・・

Blog20091119#3_800

( ゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)!?

Blog20091119#3_800

マジ・・・・・・・w

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

BLOGカデゴリーの作家部門で堂々の

Blog20091119#3_800

デイリーランキング1位っ!?

見た途端・・・・

MTE3MMn2.jpg


↑思わず吹いてしまったwww


あえて皆様に言いたいっ!

作家に登録した総てのみなさん!

本気でほんとに済みませんっ!w

申し訳無いっっっっ!m(_ _)m


不定期更新当たり前w
問題発言連発の
内容がストレンジ且つ
ステイ・アンダーグラウンドなBLOG故に
堂々のデイリー1位だなんて・・・

一言・・・・・

信じられません!(核爆w)

マジで・・・・・

信じられませんっっ!!(核爆ww)

これを見たとたん
これまでのBLOGの作業に於ける
並々ならぬ苦労と試行錯誤が
報われた嬉しさと喜び
それと同時に
肩に静かに圧し掛かる
超へヴィ級の責任の重さを
同時に感じるBLOGマスターの
私で在りました・・・。

あぁ・・・穴が在ったら入りたいwwww

とにかくw これに驕る事無く
日々精進して行きますので
皆様っ!暖かい目でBLOGの行く末を
見守ってやって下さいませ・・・・!

感謝!ひたすら感謝!

かしこみwかしこみw m(_ _)m

追伸、これからの責任重大だなっ!
こりゃww orz

参考リンク
スタ☆ブロ
前回の記事で取り上げましたが
年末の風物詩、第60回紅白歌合戦の
紅白各司会者が正式に発表です。

早くも3日夕方頃、NHKが
各報道機関にファックスで公式発表しました。

さて・・・今年の紅白の司会者は・・・・・?
[第60回紅白歌合戦司会者正式発表。]の続きを読む
お久しぶりでつw正直生きてますww
我、多忙にて久々のBLOG更新です。

m(_ _)m

気を取り直して本編w

******************************************

今年も残り僅か・・・・
年末も後2カ月後に迫る中
年末年始の風物詩・・・・

第60回NHK紅白歌合戦

の季節がやってきます。
第58回大会からコンセプトテーマとして
「歌力(うたぢから)」を掲げ、
歌本来の魅力を追求してきました。

今年の紅白は「第60回」の節目に相応しく
今年のテーマ

「歌の力 ∞ 無限大」


を掲げ過去最大規模の
スケールで展開するとの事。
放送時間も

午後 7時15分 ~11時45分
(約5分のニュース中断有 /
午後8時55分-9時00分)


と拡大して盛大に生放送するそうです
約4時間25分と過去最大の放送時間だとか。

それに併せて
紅白デジタル応援隊として
音楽番組「MUSIC JAPAN」のナレーターとして
活躍する声優の水樹奈々さんが
紅白歌合戦のネットサポーターとして
ネット界の宣伝広報役を引き受ける事に
なったそうです・・・・。

で↓

blogparts1030.jpg

本日から始まったブログパーツの
カウントダウンで放送開始まで
時を刻むと同時に本人の声で
音声メッセージも聞けます。

当然、ささやかながら
私のBLOGにも設置し陰ながら
応援したいと思います(照w)。

ブログパーツの取得はこちらへ

そして・・・・
恒例のごとくお馴染みのご注意と警告をw

当BLOGではNHK公式の正式発表が出揃うまで
紅白の司会及び出場歌手の報道に付いては
情報の精度を鑑み掲載を差し控えるスタンスを
取らせて頂きたいと思います。

BLOG関連記事
2007・11・09付け記事

デマや憶測&推測等に基づく
ニュースサイト等の飛ばし報道等には
十分気を付けて下さい・・・・w

m(_ _)m

参考サイト
NHKオンライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。