アクセス制御 65回目の終戦の日・・・。 | ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酷暑の続く中 今日、65回目の
終戦の日を迎えた・・・
戦争の記憶を持つ高齢の方が増えると同時に
記憶の風化と喪失と言う大きな問題を抱えたまま
この日を迎える・・・・

**************************************

平和への誓い新たに=東京で戦没者追悼式―
きょう65回目の終戦記念日


65回目の終戦記念日を迎えた15日、
政府主催の全国戦没者追悼式が
東京都千代田区の日本武道館で開かれる。
天皇、皇后両陛下や菅直人首相が参列。
戦争の犠牲となった約310万人の冥福を祈り、
平和への誓いを新たにする。

菅首相の出席は、
厚生相(当時)だった1996年に続き2度目。
自民党以外の首相が式辞を述べるのは、
95年の村山富市元首相以来となる。 

(15日付け時事通信より)


**************************************

終戦記念日、各党が談話…
「核」「日韓」言及


与野党は15日の終戦記念日にあたり、
声明や党幹部の談話を発表した。
今年が日韓併合から100年にあたることや、
核廃絶への言及が目立つ。

民主党は枝野幹事長が談話で、
「どのような困難にあっても
国際社会にねばり強く働きかけ、
核廃絶への歩みを進める」と表明。
また、「過去の歴史と正面から向き合い、
その教訓と反省を未来の平和へと
つなげる努力を続け、国際社会とともに
平和を創造していく決意を新たにし、
実現にまい進していく」などとした。

自民党は、1910年に締結された
日韓併合条約に触れ、
「国際法的な評価につき、我が国の
立場はいささかも変わるものではない」
と強調したうえで、
「(条約締結時の李氏王朝下の)
大韓帝国国民であった方々に与えた
多大の苦難に正面から向き合う勇気と
真摯(しんし)さを持たねばならない」
とした谷垣総裁談話を発表した。

公明党は
「核兵器は『絶対悪』との思想に基づき、
断固たる決意で核廃絶に取り組む」とした。
共産党も「世界平和と核兵器廃絶を正面から掲げ、
外交諸問題の平和的解決のため、奮闘する」と
主張した。社民党は「沖縄をはじめ、全国で
引き続き在日米軍基地の整理、縮小、撤去や
日米地位協定の改定を目指す」とした。
みんなの党は「戦時体制のもとで完成された
官僚統制・中央集権が残存している。
改めて国民主権の確立を決意する」と表明。
たちあがれ日本は「独立国家としてふさわしい
戦没者追悼行政を再建する」とした。

(15日付け読売新聞より)


**************************************

終戦記念日:全国戦没者追悼式
犠牲者の冥福祈る


65回目の終戦記念日を迎えた15日、
政府主催の全国戦没者追悼式が
東京都千代田区の日本武道館で開かれた。
天皇、皇后両陛下や閣僚、政党代表、
遺族代表ら約6000人が参列。
民主党の首相として初めて出席した
菅直人首相は式辞で
「先の大戦ではアジア諸国の人々に対し、
多大の損害と苦痛を与えた。
深く反省するとともに、
ご遺族に対し哀悼の意を表する」と述べ、
歴代首相のあいさつを踏襲した。

式典では国歌斉唱と首相式辞の後、
正午から参列者全員が1分間黙とう。
続いて天皇陛下が
「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、
心から追悼の意を表し、世界の平和と
我が国の一層の発展を祈ります」と、
おことばを述べた。

横路孝弘衆院議長は追悼の辞で
「近隣諸国あわせて、2000万人と言われる
犠牲者の、惨禍の大きさに
ぼうぜん自失するほかありません」と加害責任を強調。
さらに「国家が始めた戦争で命を失った方々の遺骨は、
かなう限り故国に戻らなければいけません。
国の責任です」と述べ、硫黄島(東京都小笠原村)など
国内外で手つかずの遺骨収集に全力を尽くす考えを示した。

(15日付け毎日新聞より)


**************************************

全国戦没者追悼式に約6000人参列

65回目の終戦記念日を迎えた15日、
政府主催の全国戦没者追悼式が
東京都千代田区の日本武道館で開かれた。
全国各地の遺族や各界の代表ら約6千人が参列。
約310万人に上る戦没者を悼み、
改めて不戦を誓った。菅直人首相は式辞で、
アジア諸国への加害責任に言及した上で、
「戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、
恒久平和の確立に全力を尽くす」と述べた。

追悼式には、全国から集まった遺族約5千人のほか、
天皇、皇后両陛下、衆参両院議長や政党の代表らが参列。
正午前に開始し、君が代斉唱の後、菅首相が式辞を述べた。

首相は「亡くなられた方々の無念を思うとき、
悲痛の思いが尽きることなく込み上げて来ます」
と述べた後、「とりわけアジア諸国の人々に対し、
多大の損害と苦痛を与えた」とし、
反省と哀悼の意を表明。
「過去を謙虚に振り返り、悲惨な戦争の教訓を
語り継いでいかなければならない」と語った。
加害責任に触れるのは、
1993年の細川元首相以来踏襲されている。

正午には全員で黙祷(もくとう)をささげた後、
天皇陛下が「おことば」を述べた。
衆参両院議長は、それぞれ核廃絶への決意を表明。
横路孝弘衆院議長は、
「時はともすると、惨禍を美化したり真実を覆い隠す」
と指摘し、歴史を忘れない重要性を訴えた。

父、清三さんをミャンマー(ビルマ)で亡くした
政門初惠さん(67)=鳥取県倉吉市=は、
遺族代表の追悼の辞で、
「悲惨な戦争の苦悩を身をもって体験した私たちは、
悲しい歴史を絶対繰り返さないことを誓う」と述べた。

参列予定の遺族の高齢化は年々進行。
戦没者の妻は45人(0.9%)で過去最少を更新。
1995年に子どもの人数の方が多くなり、
今年は65.8%を占めた。
戦後生まれは、420人で過去最多。
07年以来となる親の参列は、1人だった。

最高齢者は、夫の高倉修さんをフィリピンで
亡くした千代香さん(96)=大阪府堺市。
最年少は、同国で戦死した新里光永さんのひ孫の
与那嶺鷲ちゃん(4)=那覇市=だった。

(15日付け朝日新聞より)


**************************************

取り組むべきは記憶の継承と
堅実な実態の調査と保障を含めた
過去の清算と過ちと悲劇を
決して繰り返さないと言う強い意志と行動だと
私は常に思う・・・

この悲劇を決して繰り返さない事を
常に心に刻み忘れない事を・・・・

【PR】ブログジャンキーでポイントゲット!By FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heavenlyhawk55.blog20.fc2.com/tb.php/207-b0a7d9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。