アクセス制御 渋谷CDショップ異変!?が映し出す現実。 | ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽CDが売れていないと
言われて幾年月・・・w
大店舗系CDショップも
もはや危機感を募らせ
歌謡曲&演歌歌手に
頭を下げなければ為らない
事態に為ってしまったようです。

( ̄m ̄)プッ

ジェロに触発?
坂本冬美タワレコ公演


坂本冬美(40)が20日に東京・渋谷の
大型CD店「タワーレコード渋谷店」の
ライブ施設「ステージワン」で
演歌歌手としては初のイベントを行う。
外資系CD店では先月20日、
黒人演歌歌手ジェロ(26)が
ライバル店「HMV渋谷」で
デビューイベントを開催。
若者の街で演歌が盛り上がる気配に、
冬美は「演歌のカッコ良さをお見せしたい」と
張り切っている。

「ステージワン」は渋谷店の地下1階にあり、
ロックバンドの演奏ができる
ライブハウスのようなスペース。
最大150人収容可能。
国内外のロック系、
ヒップホップ系アーティストらが
イベントを開いている。

冬美が出演するきっかけは昨年11月。
別の場所で行われた
EMIミュージック・ジャパンの
演歌専門レーベル「サクラスターレコード」の
発足記念ライブを、タワーレコード関係者が訪れ、
そこで冬美のステージにほれ込んだ。

音楽配信の市場が
昨年の1・5倍にあたる800億円に迫り、
CDなどパッケージ市場の4分の1にまで拡大。
CD店にとっては、
パッケージの購入率が高い演歌ファンなど、
若者だけでなく、中高年を含めた
幅広い客層を取り込むことが急務。
その試金石として、
NHK紅白歌合戦でトリを務め、
「夜桜お七」で若い女性にも
人気がある冬美にインストアライブを提案。
画期的な企画に、冬美サイドも
今年の勝負曲「紀ノ川」(19日発売)で
出演することを決めた。

同曲は「羅生門」「雪国」に続く
名作シリーズ「3部作」のラスト作品。
有吉佐和子さんの同名小説をモチーフに、
たきのえいじ氏が作詞、弦哲也氏が作曲。
デビュー22年で初めて故郷・和歌山を
舞台にした歌だけに、冬美も力が入っている。

30分間のライブでは、新曲のほかに
「夜桜お七」も披露。
演歌定番の握手会も行う。
CD購入者を優先に、
余裕がある場合は当日に
入場整理券も配布する予定だ。

一足早く渋谷でイベントを
行ったジェロは、来日時に
NHK「のど自慢」で「夜桜お七」を
歌ったほど冬美の大ファン。
客席のジェロからプレゼントを
もらったことがある冬美は
「新たな風が吹いてきた中、
若者の街からも一緒に
演歌を盛り上げていきたい」と
気合が入っている。

(5日付けSponichi Annex記事より)


大手のCDストアーの
大多数が取っている
若者重視の宣伝姿勢も
既に破綻状態の感。
これまでの方針では
生き残りも間々ならず・・・

肝心の
「音楽ファン」を育てようとする
努力を続けられなかった
「ツケ」がこの様な事に
為ってしまったのは
「音楽ファン」を育てる事を
拒絶し利益重視の姿勢を
変えなかった音楽業界全体の
重大な責任だと私は思う・・・・。

特に・・・・
歌謡曲・演歌ファンを軽視した
大店舗系CDショップの姿勢は
重大な失策と言わざるを得ない。


利益を重んじ
無視を決め込んだ「ツケ」
重大な問題で在ると私は思う。

消費者の気持ちを無視し
利益に固執し続けた為に
音楽文化の育成と発展を
二の次にしてないがしろにした
音楽業界の関係者達は
この報道をどう受け止め
思うのだろうか・・・・?

「私には関係が無い」
無視を決め込む前に・・・
真剣に考えなければ為らない・・・。

参考サイト
EMIミュージック・ジャパン公式
Tower Records公式


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heavenlyhawk55.blog20.fc2.com/tb.php/22-5eb1da5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。