アクセス制御 期待の新番組の悲惨な実態。 | ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
~heavenlyhawk55/ inTalk onThe Battle of Last Stand!?w~

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始めに・・・・
Waste of Pops 80s-90s」様が
この8月に開設10周年目を迎えたとかw
当BLOG「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」も
心からのお祝いのお言葉を申し上げます。
これからも無理せず続く事を願って已みません。

では本題w

テレビに於いての7月期の新番組も
全て出揃いましたが・・・・
視聴率に於いて低迷している番組も
幾つか存在します・・・・。
鳴り物入りで始めた番組が
悲惨な状況に・・・・・w

石井竜也司会「THE M」は
低空飛行で打ち切り?


異色の演歌歌手の出現などで
音楽番組が賑わっているが、
これに乗り遅れている番組がある。
4月にスタートした新番組
「THE M」(日本テレビ)で、
打ち切り説が浮上している。

同番組は石井竜也が司会者。
毎回、旬のミュージシャンを呼んで、
これまでの苦労話などを紹介しながら
じっくり歌を聞かせる内容だ。

しかし、視聴率がグダグダだ。
7月15日は6.7%で、
ビデオリサーチが発表している
関東地区の音楽番組の10位、
22日は4.7%で9位と低空飛行。
夏川りみ、東方神起らが出演した29日は
7.5%にアップしたが、
21時台としては厳しい。

「この番組は最初は
新庄剛志司会の予定だったのですが、
モメて石井にお鉢が回ってきました。
スタート時点からチグハグだったんです。
石井は最近は製鉄関係やら動画サイトなどの
企画にも参加して露出を増やし、
必死にアピールしているのですが……。
今はバラエティーっぽい作りが
受けるのが実情で、
9月打ち切りが濃厚です」(事情通)

石井は仕事を引き受けて後悔しているか。

(1日付け日刊ゲンダイ記事より)


やはり内容が空洞状態では・・・・
視聴率も上がらず・・・・
若者相手の媚売りで
番組が成立する訳が在りませんw

もはや秋の改変期シーズンに
打ち切りかと思ったら・・・・・

調べてみたら・・・・・

本日、最終回だった!!w (汗)


やれやれ・・・・・・(苦笑) ^^;

しかし・・・・・
これよりも、
もっと悲惨な現実が・・・・・w

「恋空」初回視聴率は5.6% 
人気ケータイ小説もドラマでは不発?


2日放送された新ドラマ
「恋空」(TBS系、午後8時~)の
視聴率は5.6%
(関東地区、ビデオリサーチ調べ)
だったことが分かった。
原作はベストセラーになった
ケータイ小説で映画もヒットしたが、
テレビ版では厳しいスタートとなった。

「恋空」は、
高校生の美嘉とヒロの切ない恋愛と
青春をドラマチックに描いた物語。
原作はケータイ小説サイト
「魔法のiらんど」に掲載され、
中高生を中心に人気を集めた。
単行本は上下巻で計200万部を
売り上げたベストセラーとなり、
新垣結衣さん主演で映画化もされた。

TBSの土曜午後8時台は
これまでバラエティー番組が中心だったが、
4月の改編を気に若者をターゲットにした
ドラマに変更された。
1作目の森田まさのりさんの
人気マンガを原作とした
「ルーキーズ」は話題を集め、
最終回は19.5%の
高視聴率を記録していた。
「恋空」は同時間帯の2作目として
注目されていたが、
過激な内容が敬遠されたのか、
前途多難なスタートとなった。

(4日付け毎日新聞記事より)


携帯電話のメインユーザーで在る
若者層相手に媚を売るべく
欲を張ってテレビドラマ化はしたは良いが・・・
よせばいいのに悲惨な結果に・・・w

これに尽いて
Waste of Pops 80s-90sのコラムは
次の様に書いてます。

やっちまった。
キャストはほぼ全員無名。
原作の知名度だけに寄り掛かった企画だけに、
それで駄目だったらもう、
どうにもリカバリーのしようがないですよ。
どうしよう。

そして、今後どれだけ頑張って
番宣をしてみたところで、
メインターゲットである女子中高生は、
既に内容を知っているだけに、
土曜20時という一家団欒の
タイミングには選ばない。選べない。
それに番宣たって、若いのが束になって
バラエティに出ては走り回って
オッスオッス言ってたら
何とかなっていたROOKIESとは訳が違う。
もう今の段階でほぼ詰んでるじゃないか。
本当にどうするんだTBS。

(Waste of Pops 80s-90s4日付けコラムより)


若者目当ての
媚売りドラマでこの惨状・・・
悲惨を通り越して
もはや笑いに為りません・・・w (失笑)

果たして・・・・
この深刻な結果を
テレビ局のお偉いさん達は
どう受け止めてるのでしょうか・・・?w

結論!

テレビ局の若者相手の

媚売り番組は誰も相手にされない・・・!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://heavenlyhawk55.blog20.fc2.com/tb.php/62-b8935291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。